メンタリティサポート

投稿者: | 9月 13, 2019

チェンジマネジメントとは、企業内で新たなITシステムの導入や様々な業務改善を行う際に、変更になるものや導入しなければならないものが、スムーズに処理されていくように社員や従業員の意識や理解のサポートに携わるようなコンサルタントの手法を表わしたものと言えるでしょう。企業内での新たなITシステムの導入や様々な業務改善を行う際には、必ずと言っていいほどその改新に反発をするような人がいるものではないでしょうか。その人たちの反発心や反発行動によって、一連の業務が滞ってしまうのは、企業として一大事といったことにもなり兼ねません、ですから現場で、クライアント企業の新たな取り組みを見守りながら、新しい導入システムを定着させつつ、現場にいる従業員などのサポートを斡旋するような立場として、コンサルタントが活躍するといった場合があるようです。新たなITシステムの導入や様々な業務改善を行う目的は、生産性の向上や、作業効率のスピード化などがあげられますが、現場の人々が慣れ親しんだ、作業の流れを改新する事に、反発意識を持つことは珍しい事ではありません。新システムの導入で、作業が簡素化されるという事を、ある程度の時間をかけて説明したとしても、聞く耳をもたない従業員もいるのだという事が現実なのです。そのような、反発心を抱いた従業員などの、発する意見や思いを受け取りつつ、企業としての改革が必要である旨を、現場の人々の気持ちに寄り添いながら、伝えていく事も、コンサルタントのチェンジマネジメントに求められてくるスキルとなります。その中では、ヒューマンスキルと呼ばれるような、人間対人間の対話力が、クローズアップされてくるのですが、コンサルタントとしてのキャリアの中では、人事企画や教育部門、社内業務改革部門、研修関連の部門経験などでの高い経験値が、現場での対応力に繋がってくると考えられています。いくら最新の技術や、システムを導入したからと言っても、実際は、人の手を借りなければ、業務は遂行されないのです。コンサルタントの業務の中のチェンジマネジメントには、現場で働く人々のメンタルな部分での、サポートや改革を担う事が多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です