コンサルタントと経営者

投稿者: | 9月 2, 2019

財務・会計コンサルタントとして活躍する人々が求められるスキルとして、「経営者の視点」というものがあげられます。会計コンサルタントの転職組に多いキャリアとして、財務職、経理職などからの転身が多いと聞きますが、ファイナンスの知識や能力に長けた人物としてのスキルにプラスα、経営者としての総合的な視点が、成果を上げる為のポイントとなる事があるようです。財務、もしくは会計コンサルタントに求められる、成果の中には、もちろん数字的な処理や業務構築もありますが、財務管理における数字的な決定の裏には、経営の主軸となる大きな決断力を求められる事もあるからです。クライアント企業の経営を左右するような意思決定を、時として行わなくてはならないような場では、財務職、経理職のファイナンスの知識や能力に長けた人物としてのスキルにプラスαとして、経営者の視点や観念を持ち合わせる事は、大変重要なスキルであると思われます。経済のグローバル化が進む中で、企業や事業者たちの、財務管理は、複雑化を増しているように思えます、そのような経済状況の中で、財務・会計コンサルタントは、飛躍的に重要度が増しているとも思われます。また、大きな財務的な決断力の裏には、企業自身の将来的な、展望も託される事になる事もあるのです。そのような大きな決断や、取り決めに多くのシーンに関与してくるであろう、財務・会計コンサルタントたちに、求められるスキルの一部としては、財務的な数字の中から、今後の経営課題を見抜くスキルや、その対応策として今後の取り組み案を掲げる中で、市場の動きを予測するような予測能力など、多岐に渡る能力が求められていますが、それらのスキルを統合してみると、経営者としての視点に繋がっていくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です